医薬品マーケティング メディカルコミュニケーション 医薬広告 株式会社ディープインパクト

TOP  >  プロジェクト企画書  >  医薬品ウェブマーケティングで成功する7つの基本原則  >  もし、あなたの担当する製品のウェブサイトやe-マーケティングで採用や処方アップにつながる「基本原則」があるとしたら、あなたは興味を持ってくれますか?

医薬品ウェブマーケティングで成功する7つの基本原則

医薬品ウェブマーケティングで成功する7つの基本原則

今から説明する7つの基本原則を満たせば、
必ず成功します

あなたが、ご担当の医学領域や製品のウェブマーケティングやe-マーケティングで売上や処方アップにご興味があるなら、1分だけお時間をいただいて、次のチェックリストを確認してください。

ウェブサイトへのアクセスアップを図るには、学術コンテンツの質や量だけでなく、ウェブマーケティングのスキルやノウハウが必要である。

Yahoo!やGoogleで、医師が自社の医薬品名やターゲット疾患等の「キーワード」で検索すると、自社ウェブサイトが上位表示される、あるいは少なくとも1ページ目に表示されることは、非常に重要だと思う。

メールマガジンなどを配信するなら、配信ターゲットのリスト(メールアドレス)や顧客情報は、外部で保有するのではなく、自社でデータベースを保有すべきである。

アクセスと売上・処方の関連を測定・分析する仕組みはウェブマーケティングに取り組む以上、必須である。

検索連動型広告(PPC広告)の出稿に関する知識やノウハウは、自社ウェブサイトに検索サイトからのアクセスを集めるために必要である。

たった5つの設問ですが、ここにはウェブマーケティングの成功のエッセンスがつまっています。
あなたの結果はいかがでしたか?

1つでもあてはまる項目があった方へ
あなたは、医薬品マーケティングにおいてウェブマーケティングやe-マーケティングに対して、興味をもつとともに積極的に取り組んでおられる方です。
課題を解決するための考え方や方法をもっと知りたければ、続きをお読みいただければ幸いです。きっと、ヒントを得ていただけるでしょう。

<製薬企業にお勤めの方限定>
この続きにご興味のある方は、会員登録をおこなっていただきますと、毎週のメールマガジンで、「続きをお読みいただけるURL」をご案内しております。
下記フォームに必要事項をご記入の上、ぜひ会員登録ください。

すでにご登録いただいております会員の方は、毎週のメールマガジンに記載のURLより続きをお読みいただけましたら幸いです。





 

▲このページのTOPへ