医薬品マーケティング メディカルコミュニケーション 医薬広告 株式会社ディープインパクト

TOP  >  レポート  >  インターネットマーケティング用語  >  医薬品マーケティングも待ったなし!SSL対応によるhttps化

インターネットマーケティング用語

CME,医学出版,薬学出版,疾患啓発,DTC,CMEプログラム,CME単位,医師教育,患者教育,医師免許更新,専門医認定,医師生涯教育,CME認定 G-MEPp

製薬企業専門ノベルティグッズをお探しなら

Deep Impact 会員登録
医薬品マーケティングレポート、メールマガジンの購読をご希望の方は会員登録をお願いします。
会員登録はこちら

最新文献で学ぶ1日1分 MRのためのメディカル英単語

インターネットマーケティング用語

医薬品マーケティングも待ったなし!SSL対応によるhttps化
さて、今回のテーマは、「SSL対応によるhttps化」です。

グーグルが、2017年10月1日から、
「SSL化されていないテキスト入力ページにはCromeユーザーに対して警告を表示する」
と発表しました。

おそらく近い将来、全ページSSL化が当たり前になりそうですが、
これはどういうことでしょうか?

SSLとは、Secure Socket Layerの略称で、インターネット上で情報を暗号化し、安全な通信を提供するプロトコルのことです。
ウェブサイトを使うユーザーのプライバシーに関わる情報や
クレジットカード番号などを安全に送受信するための手段です。
SSLを使用していないウェブサイトのURLは「http://」、
SSLを使用しているウェブサイトでは、URLが「https://」で始まります。
これでSSL化しているかどうかを見分けることができます。

先ほどのグーグルの発表はその序章で、
今後はウェブサイトの全ページの常時SSL化が必要になってきました。
また、自社にとっても顧客にとってもその方が好ましい状況になってきたのです。

もちろん、医薬品マーケティングで活用している医療者向けウェブサイトも
患者さん向け疾患啓発サイトも同じです。

今回は、そのポイントを整理します。


1.セキュリティが高まる

情報漏洩のリスクが減って、セキュリティが高まります。
また、侵入者による攻撃を抑止することができます。


2.ユーザーの安心感が高まる

SSLの証明書などもあり、ユーザーにとって安心感が高まります。


3.常時SSL化で表示速度アップ

従来は、常時SSL化は表示速度が遅くなるとうデメリットがありました。
しかし、技術進化で常時SSL化の表示速度が速くなってきたのです。


4.SEO対策に有利

グーグルのアルゴリズムでは、常時SSL化したウェブサイトの順位を
優遇するロジックが実装されています。
全体のアルゴリズムの一部なので、これだけで大きな効果はありませんが、
少なくともSSL化した方が、検索順位が上がりやすいのです。


5.解析精度の向上

URLがhttpの場合、httpsのリファラー(参照)情報を引き渡されません。
つまり、httpsのサイトが増え、自社がhttpのままだと
ログの解析精度が落ちてしまうのです。
逆に自社サイトがhttpsなら、httpからでもhttpsからでも
リファラー情報の入手が可能です。


このように、セキュリティや安心感に加えて、
ウェブマーケティングでも常時SSL化が待ったなしになってきたのです。

自社で医薬品マーケティングで活用している医療者向けウェブサイトや
患者さん向け疾患啓発サイトを、チェックしてみてはいかがでしょうか?


このコンテンツが、医薬品マーケティングのアイデアのヒントになれば幸いです。
 
 

▲このページのTOPへ