医薬品マーケティング メディカルコミュニケーション 医薬広告 株式会社ディープインパクト

TOP  >  レポート  >  インターネットマーケティング用語  >  新規疾患啓発サイト開設には、Googleハネムーンを利用 Part2

インターネットマーケティング用語

CME,医学出版,薬学出版,疾患啓発,DTC,CMEプログラム,CME単位,医師教育,患者教育,医師免許更新,専門医認定,医師生涯教育,CME認定 G-MEPp

製薬企業専門ノベルティグッズをお探しなら

Deep Impact 会員登録
医薬品マーケティングレポート、メールマガジンの購読をご希望の方は会員登録をお願いします。
会員登録はこちら

最新文献で学ぶ1日1分 MRのためのメディカル英単語

インターネットマーケティング用語

新規疾患啓発サイト開設には、Googleハネムーンを利用 Part2
前回は、SEOの用語の一つである「Googleハネムーン」について
その現象をご紹介しましたが、
今回は、「Googleハネムーン」中のコンテンツの対策を考えてみます。

「Googleハネムーン」とは、主に新規ドメインを取得したり、
ウェブサイトを開設した直後に、自然に検索結果ランキングで、
一時的に上位表示されるよう優遇される現象のことでした。

そして、Googleハネムーンの期間は、約1ヶ月間程度です。

1ヶ月程度は実力以上に検索結果の上位に表示され、
何もしなければ、その後、順位は下落してしまいます。

しかし、Googleのこの1カ月の審査期間中にGoogleに良いサイトだと
認められたなら、検索結果の上位に居座ることが可能です。

Googleハネムーンの期間に新規サイトのコンテンツへの

・滞在時間が短い
・直帰率が高い

などが確認されれば、検索結果順位は下がります。
だから、あらかじめ新規サイト立ち上げ後の
1ヶ月の対策を立てることが求められます。

具体的には、Googleハネムーンの期間

・新規サイト開設後の1ヶ月の新規コンテンツの追加を頻繁に行う
・その期間で滞在時間の短いコンテンツの見直しを行い修正する

などを行えば良いのです。

多くのケースでは、新規サイト立ち上げ後は、
一定間隔でコンテンツを更新することは予め計画されます。

しかし、「Googleハネムーン」を知らなければ、
新規サイト開設後の1ヶ月をそれほど重視することもないでしょう。

逆に、「Googleハネムーン」を知っていれば、
その期間にコンテンツ追加などをあらかじめ計画しておけば良いのです。

医薬品マーケティングの疾患啓発サイトなどを開設する場合は、

・開設後1ヶ月の更新コンテンツをあらかじめ準備すること
・アクセス解析を行って既存コンテンツの見直しを行うこと

が重要なのです。

このコンテンツが、医薬品マーケティングのアイデアのヒントになれば幸いです。
 
 

▲このページのTOPへ