医薬品マーケティング メディカルコミュニケーション 医薬広告 株式会社ディープインパクト

TOP  >  メッセージ  >  ご挨拶

代表:富本 充昭からのご挨拶

CME,医学出版,薬学出版,疾患啓発,DTC,CMEプログラム,CME単位,医師教育,患者教育,医師免許更新,専門医認定,医師生涯教育,CME認定 G-MEPp

製薬企業専門ノベルティグッズをお探しなら

Deep Impact 会員登録
医薬品マーケティングレポート、メールマガジンの購読をご希望の方は会員登録をお願いします。
会員登録はこちら

最新文献で学ぶ1日1分 MRのためのメディカル英単語

代表:富本 充昭からのご挨拶

ご挨拶
当社のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

株式会社ディープインパクトは、2005年12月1日に設立した、医薬品マーケティングをプロデュースする会社です。

当社の社名「ディープインパクト」ですが、「真情あふれた深い洞察に基づく提言または提案によってもたらされる大きな変化や成果」を意味しています。

私たちの提供するメディカル・コミュニケーションに関するサービスを通じて、医療従事者の皆様、クライアント様、そして弊社スタッフに大きな変化と成長、成果をもたらしたく命名しました。

当社は2010年12月1日から、6年目を迎えましたが、今年度は、「Innovative Leadership in Healthcare Communication」をスローガンに、ユニークでかつ価値の高いサービスの提供を目指します。

具体的には、

1)独自のDTCマーケティング事業の展開

2010年度は、携帯電話を活用した服薬コンプライアンスのプログラムや電話相談による疾患啓発や受診促進のプログラムを具体化することができました。

2011年度は、100万規模の医療消費者の健康関連のデータの活用の目途がつきましたので、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に関する疾患啓発や受診勧奨のプログラムに取り組みます。

これらは、ウェブサイトによるログ解析と携帯電話などによるアンケート調査ですべてデータを取得可能なので、ROIの計測が可能になります。

また、健康データの整備やデータベース化も図っていく予定です。

2)メディアクリエーションとコンタクトポイント拡大

デジタルフォトフレームを利用した医療支援ツール&メディア化のための企画・開発に着手しました。高齢者の医療や在宅医療の支援ができるとともに、製薬企業にとっても面白いメディアとなり得るので、あらたなコンタクトポイントが一つ生まれることになります。

3)iPad/iPhoneをはじめとする新たなデバイス用のソフト、アプリ開発の強化

昨年来取り組んでいるiPad/iPhoneアプリの開発や今年ブレイクしそうなアンドロイドなどのソフト、アプリ開発の強化を図ります。
特に医療消費者向けやMR向けのアプリケーションに取り組んでいく予定です。

4)医療用医薬品のブランドマネジメントの研究と具現化

医薬品マーケティングであまり進んでいない分野が医療用医薬品のブランドマネジメントではないかと思っています。
ブランド資産やブランドカテゴライゼーションなどのデータの取得や研究に取り組むととともに、サービスの開発も実現すべく研究を進めていく予定です。

5)ソーシャルメディアマーケティングの研究と具現化

2010年度は、Facebook、twitterをはじめ様々なソーシャルメディアの利用者が大幅に増加するとともに、各分野の企業がマーケティングへの活用にも取り組みを開始しました。

当社でもSNSを活用したサービスに取り組んできましたが、医薬品マーケティングのソーシャルメディアマーケティングの展開はまだ導入期です。

規制が多いこと、取り扱う情報の複雑性など様々な課題は多いと思いますが、ソーシャルメディアマーケティングの研究を継続しつつ、サービス開発に努めます。

あらたなメディアの出現、ITの進化によって医薬品マーケティングに影響を与える環境がどんどん変化、進化しています。

本年は、こうした変化をチャンスとらえ、医療従事者の皆様、医療消費者の皆様、製薬企業の皆様に貢献できる価値あるサービスに取り組んでいく予定です。

引き続き、ご支援賜りたく宜しくお願い申し上げます。


2011年1月1日

株式会社ディープインパクト
代表取締役 富本充昭


富本充昭のプロフィール

 
 

▲このページのTOPへ